古い木製の橋の下に真っ赤な溶岩流の川が有る橋を渡りたいですか?それともスリスルタン・ハメンクブヲノ十世から愛のしるしとして花を受け取りたいですか?デマタトリックアイ美術館で全てを発見出来ます。

デマトラトリックアイ美術館では、あらゆるポーズとリアルに見える素晴らしい背景で、三次元の感覚を感じる事が出来ます。世界で3番目に大きいトリックアイ美術館と呼ばれているXTスクエアジョグジャカルタには3次元画像が120有りますが、外国の美術館には最大70しか有りません。

XTスクエアに有るデマトラトリックアイ美術館の存在は、中部ジャワでもジョグジャカルタで最初で唯一のトリックアイ美術館で有る為、新しく、ユニークで、壮観な物に成ります。この美術館は、自然、スポーツ、有名人、動物、スーパーヒーロー、ロマンス、サーカス、様々な芸術的装飾、タマンサリ、そしてジョグジャカルタ王宮の光景等、様々な画像を提供している為、非常にユニークです

ジョグジャカルタXTスクエアの地下室を占める、3次元画像の配置は、訪問者が簡単に退屈しないように迷路の概念をもたらします。それらの芸術作品の殆どはペトルス・クスマ氏からの物で有り、インドネシア芸術大学(ISI)ジョグジャカルタの大学生に依って作られた芸術もあります。

デマタ・デアルチャ(De Mata De Arca)美術館には、デワリック(D’Walik)という新しい施設が有ります。デワリックの管理者は、内部に約30の施設を提供しています。イリュージョンルームのコンセプトを持ち続け、インドネシアで最大のコレクションを持つイリュージョン美術館「逆さまの家」(Upside Down House)に成る事で、デワリックは訪問者に新しいニュアンスを与える準備が出来ています。

デワリックの提供されている施設の一つは、恐ろしくて血まみれの部屋をテーマにした「ホラールーム」です。ホラールームで写真を撮る感覚は、間違いなく忘れられない体験に成るでしょう。血まみれの頭蓋骨の特性を備え、シロアリが蔓延っていて、非常に恐ろしい印象を与えます。

ホラールームだけで無く、写真を撮りたい訪問者に異なる印象を与える事が出来るように反重力、非常によく整理されたディスコルームも有ります。又、90年代のコンセプトを取り入れた理髪室では、様々な感覚を味わう事が出来ます。グロバクとそのナシクチング(Nasi/Sego Kucing)の食べ物、そしてアングロ(Anglo)を見つける事が出来るアンクリンガンルームも皆さんが試してみなければならない素晴らしい施設です。訪問者は、全ての美術館の部屋にあるあらゆる種類の施設と交流する事も出来ます。自由に自分を表現するポーズを撮る事が出来ます。

デワリックには、デマタ・スタジオのようなグリーンスクリーンテクノロジーを備えた設備も備わっています。デマタ2にインストールされているグリーンスクリーンとは異なり、このデマタ・スタジオには、もっと興味深い編集効果を提供する事で、非常に反主流のテーマを実行します。プロの写真家と一緒に写真を撮りたい訪問者の為の写真パッケージも有ります。

デアルチャに新しい施設を開設するだけで無く、新しい8つの彫像も有ります。高さ約3メートルのアバタージャックとネイティリの彫像と一緒に写真を撮る準備が出来ています。デマタの典型的な3Dアートワークに依ってサポートされているので、訪問者にこのような素晴らしいサポート写真の背景を与える事が出来ます。スターウォーズのフィギュア、ダースベイダーと一緒に写真を撮る準備が出来ました。デアルチャ美術館には爪を持ったウルヴァリンの彫像もいます。

さて、今回は、一番背の高いスルタン・コーセン(Sultan Kosen)と一緒に写真を撮りたい方、あるいは一番背の低い人間で有るチャンドラ・ダンギ(Chandra Dangi)と一緒に写真を撮りたい方、あるいは世界最大の人間で有るモーリン・ウリベ(Maurine Uribe)と一緒に写真を撮りたい方の為に、デアルチャ美術館では出来ます。

デアルチャには新しい物も有ります。デアルチャは、拡張現実(Augmented Reality, AR ) のアプリケーションも起動します。 AR デアルチャは、デアルチャで提供されている彫像に関する情報を訪問者に提供します。ARアプリケーションはプレイストアから無料でダウンロード出来ます。

チケットの価格については、訪問者は月曜日~金曜日には12万ルピアです。土曜日、日曜日、休日に14万ルピアを費やすだけで済みます。 月曜日から金曜日の午後3時前に、訪問者は10万ルピアのハッピーアワープロモーションを楽しむ事が出来ます。訪問者は四つの施設を回って楽しむ事が出来ます。

デマタ、デアルチャ、デワリックの営業時間は午前10時~午後8時

詳細情報:

マーケティング:+62 856-4767-6669 (エンディ氏)

メールアドレス:mkt.demata@gmail.com

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here