ブルーラグーン観光村の天然湧水の新鮮さを感じる

0
207
foto : explorewisata.com

スレマン摂政は、沢山観光村を開拓する事に成功したジョグジャカルタ特別州の郡の一つとして知られています。ブルーラグーンは他の観光村とは異なる魅力が有る為、スレマンの観光村の一つとして訪れる価値が有ります。ブルーラグーが提供する利点の一つは、湧水の天然浴場です。所在地は、メラピ山の山岳地帯、正確にはジョグジャカルタ特別州、スレマン摂政、ゲンプラック郡、ウィドドマルタニのダレム村に有ります。ジョグジャカルタ市内中心部から遠くなくて、行く道のアクセスも簡単です。カリウラン通りをベシ・ジャンカンの交差点まで行って右折してジャンカン市場へ行ってください。そこから右折して、約100メトぐらいル行ってからブルーラグーンへ行く案内標識を見付ける事が出来ます。この天然浴場はティルタブディ天然浴場と呼ばれていますが、ブルーラグーン天然浴場とも呼ばれています。

観光村になる前に、最初は村の地域は一般的な村に過ぎませんでした。住民がその湧水が有る事を認識していますが、林の中に有る為、水田を流れる水源のみとして利用されています。2014年に、その村で実習していた学生達がソーシャルメディアで写真を共有した事で、感心した大勢の人達が津々その場所に行く事になって、名所になりました。この観光地は、地域社会に力を与える事によって管理されています。益々大勢の訪問者が来るから、浴場は美しく宣揚されて、訪問者の入用を支持する為に様々な施設が追加されました。地域社会の努力で観光村の地位を得って報われました。

ブルーラグーン天然浴場には湧水が地表に自然に出てきた所が三ヶ所も水面上から見る事が出来て、実際に特別な魅力的です。水面下からは、地下からの水の流れを示す気泡が見えます。ここに着くと、緑の竹の木と澄んだ水と景色に甘やかされ、直ぐ天然浴場に飛び込む事に耐えられなくなります。透明な天然浴場の水と水面下の岩は太陽の光を反射して、さらに煌めくようにします。天然浴場は、訪問者が泳いだり、高所から飛び込んだりする事が出来るほど深いです。ジャンプしたい人の為の特別なスポットが既に有ります。大きい浴場は子供にはお勧めできませんが、近くに小さなプールを用意しています。ブイも有るので泳げなくても大丈夫です。また、貸し出し可能な水泳用具一式を貸し出しているので、水中の風景を身近に楽しめます。非常にインスタジェニックである事が保証されている水中体験写真を撮る事は忘れないでください。ここで訪問者も2千ルピアを支払うだけで魚療法を試す事が出来ます。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here